豊田としろう 五つの覚悟

2. 暮らしを再生する覚悟

医療の再生

全ての国民が質の高い医療を受けられるよう、国民皆保険制度を堅持します。また、医師・看護師の人材確保、救急搬送・救命体制の整備、周産期医療の拡充、地域医療の再生など、医療をめぐる課題に全力で取り組みます。

社会保障の充実

少子高齢化が進む中で安定した社会保障財源を確保するため、消費税は全額社会保障に使います。また、社会保障制度全般について、社会保障制度改革国民会議での審議を踏まえ、必要な見直しを行います。

生活保護の改革

真に必要な人に生活保護が行きわたるとともに、納税者の理解の得られる公正な制度に改善し、信頼と安心感を取り戻します。不正受給には厳格に対処します。

障害者の自立・社会参加

障害の有無に関わらず、国民の誰もが人格と個性を尊重し支え合う「共生社会」を実現するため、障害者虐待防止法を着実に実施するとともに、障害者の自立と社会参加のための施策を着実に推進します。

雇用の促進

ハローワークの機能強化等により、若者、女性、高齢者など一人一人の状況に応じた就労支援を積極的に進めます。また、同一労働・同一賃金を前提に非正規労働者の待遇改善を目指します。